プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースの口コミ!本物の白さへ導く効果とは

 

 

高いお金・虫歯のように染みる痛み・長い時間がかかるホワイトニング治療

 

 

プレミアムブラントゥースならお手軽・無痛・簡単に歯を白くすることが可能です。

 

 

虫歯予防・口臭対策にも非常に優秀なプレミアムブラントゥースの秘密に迫ります。

 

 

なぜ嫌な口臭は発生する?どう対策すればいいのか

 

 

 

口臭の発生の原因は、生理的原因、病的原因、外因的要因、内因的要因などが考えられます。

 

 

生理的な原因は朝起きてすぐや、緊張、空腹時などは唾液量が減り、その際に発生します。

 

 

病的原因の場合は、胃の不調など胃のトラブルによって発生する場合です。歯周病や歯茎が弱り出血している状態である場合、歯と歯茎の間に汚れが溜まり、汚れを細菌が分解する際に揮発性のガスが発生して嫌な臭いとなります。外因的要因では、にんにくなど臭いの強い食べ物を食べたり、お酒を飲んだり、タバコをすることで嫌な臭いになることがあります。内因的要因は精神的なストレスや不安が強い場合、本人だけが口臭があると思い込んでいる場合があります。

 

 

口臭が発生するそれぞれの原因の対策があります。生理的なことが原因の場合は、唾液が減ってしまうことでの臭いなので、歯磨きをしたり食事や会話などで臭いや弱くなります。虫歯や歯周病や胃のトラブルなどでの臭いについては、虫歯や歯周病などを歯医者で治療します。入れ歯をしている場合は清掃をしっかりと行ないます。

 

 

胃のトラブルについては口内トラブルが無い場合には胃炎や胃潰瘍の可能性があるので、消化器科を受診することも必要なことです。

 

 

外因的要因は、臭いの強いにんにくなどを食べた際の悪臭となるため、臭いが気になる場合には控えると良いです。喫煙は血流を悪くするため唾液の分泌を減らすことがあります。タールなどが歯に付着して臭いの要因にもなるので喫煙で臭いが気になる場合には控えます。

 

 

内因的要因は自分だけが口臭があると思い込んでいる場合があり、この状態が続くと病気になる可能性もあるので、気にし過ぎないようにすることも必要ですが、気になる場合には口臭外来に相談するのも対策のひとつです。

 

 

 

 

歯の黄ばみと乾燥の関係、対策法

 

 

鏡で歯を確認したとき、黄ばみがあるならば、乾燥が原因である可能性があります。

 

人が呼吸をするとき、普通は鼻で呼吸をするものですが、鼻が詰まっていたり、歯並びが悪くて口が閉じられなかったりすると、口呼吸になってしまいます。

 

口呼吸は、絶えず空気が行き交うので唾液も蒸発して、口内が乾燥していきます。蒸発してしまう唾液には口の中で繁殖する雑菌を抑えたり、酸によって歯のエナメル質が溶け出したときにカルシウムイオンとリン酸イオンを補給して修復する再石灰化というように歯にとって重要な役割があります。つまり、乾燥してしまうと、歯の白さが失われてしまうし、プラークなどがこびり付いて着色されていくことになり、黄ばみが発生するのです。

 

また、黄ばみが出るほどに口内環境が悪くなっていると、口臭も強くなりますし、歯周病になる恐れもありますから放置するべきではありません。
では、どうすればよいのかというと、一番簡単な対策は口呼吸をやめることです。鼻呼吸できるけれども、筋肉が衰えて知らない間に口呼吸をしてしまっているというのであれば、起きている間は口呼吸を意識して、寝ている間は口が開かないようにマスキングテープのようなはがしやすいテープを用意して口の上に?の字を描くように貼り付けることでとりあえずしのぐことができます。

 

衰えている筋肉を鍛えるためにはガムなどの弾力があるものを使って、繰り返し噛んでいくことで効果が出てきます。

 

しかし、鼻が詰まっているというのであれば、まずは耳鼻科で治療をしましょう。アレルギー性鼻炎であれば薬を処方してもらったり、腫れている部分をレーザーで切除したり、鼻の骨が曲がっている部分を手術で矯正したりすることで、鼻で呼吸をすることができるようになります。

 

歯並びが悪い、いわゆる出っ歯であるために口を閉じられないというのであれば、ワイヤー矯正や外科的矯正手術をすることで、口を閉じることが出来るくらいに矯正する事が可能です。

 

 

ホワイトニングのメカニズム、どうやって歯を白くする

 

歯を白く見せることで、共にいる人に不快な思いをさせないというのは、ある種の心配りですが、そのために行なうホワイトニングは、どうやって歯を白く出来るのかということを知らなければ、安心して治療をしてもらうことは出来ません。

 

そのメカニズムを見ていくと、主に2種類に分類することができます。ひとつめは、歯の表面を漂白することで白く見せる方法です。歯科医院で使われるホワイトニング剤や市販されているホームホワイトニング剤には過酸化水素や過酸化尿素が配合されています。これを歯に塗布すると過酸化水素や過酸化水素は分解されて、酸素と水にわかれます。このとき酸素は歯についてしまった色素と結合して分解するということが行われるので色が抜けていきます。ただ、これだけでは白くはならず歯の白は表面のエナメル質の下にある象牙質の色によって決定されます。ですから、ホワイトニング剤で象牙質の性質を変える事はできないので、エナメル質の構造を変化させて光の乱射を起こし、象牙質の色が見えないようにするマスキング効果で白く見せるのです。

 

 

もうひとつは色素を分解して白く見せる方法です。比較的安価にできるので歯科医院だけでなく美容サロンなどでも行われる方法ですが、酸化チタンのように光に反応する触媒を含んだホワイトニング剤を塗って、光を照射します。すると酸化により歯について色素が分解されていきます。

 

光触媒で分解する方法は、漂白する方法と違って、歯の表面を溶かすことはなく、痛みは出ません。また、対応する歯は自然の歯だけでなく差し歯のように人工的につくった歯にも対応できます。術中、術後の着色のしやすさも光触媒では気にする必要が無いので、食事を自由に取ることが出来ます。

 

ホワイトニングのメカニズムを知った上で、どちらの方法がよいのかという判断は、どれだけ自然の歯があるのか、光過敏症など光触媒で用いる光に体が反応してしまわないのか、といった個々の事情を踏まえて歯科医師と相談して決めていくのが良いでしょう。

 

 

 

毎日歯を磨くときに使用する歯磨き粉これには研磨剤を使用しているものと使用していないものがあります。

 

 

一般的に研磨剤を使用しているものはよくないといわれています。研磨剤とは歯を白くするためのものです。CMなどで歯は白ければ白い程綺麗に見えると放送されてから白い歯に対しての関心や欲求が高まりました。その為、ホワイトニングという名で着色汚れを落とすために研磨剤が使用されるようになりました。

 

 

しかし、白く見せることのみであればよいのですが実際はその名の通り歯を削って汚れを落としています。歯に付着してしまった汚れは中々落とすことができません。そのために強引に落とすという結果になりました。しかし歯磨きのたびに汚れと同時に歯の表面も?がれていく為、歯の表面にできた細かい傷に汚れが溜まり知覚過敏や菌が内部に侵入しやすい状況を作ってしまいます。

 

 

そして研磨剤による強い刺激によって歯茎に炎症を起こす原因ともなりえます。マイクロスコープで歯周ポケットを見ると研磨剤の粒子が詰まっていることがあります。その為、歯周病の人は使用を控えるようにしたほうが良いです。これが研磨剤入りの歯磨き粉の使用はよくないといわれている理由です。特に子供の歯である乳歯は柔らかいため使用しないことをおすすめします。

 

 

入っているか入っていないかの見分け方は成分表を見ることが重要です。使用されている成分の中にリン酸水素カルシウム、リン酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸が記載してあれば注意が必要です。

 

しかし、現在研磨剤なしの歯磨き粉はありません。

 

医学部外品の歯磨き粉にこれらを配合することは必須のようです。ただし、全て同じような量を使用しているわけではなく、微量で生産しているところもあります。成分表において含まれる成分が多いもの程先頭に記載されています。そのため、成分表の後半部分に記載があれば比較的使用量は少ないということになります。